本当に癒されるためのヒント① 「誰もあなたの代わりにはできないが、一人で行うこともできない」その1

皆様、

こんにちは。

さて、「本当に癒されるためのヒント」、初回は、私の恩師ピーター・リヴァイン博士の言葉から始めたいと思います。

もう10年以上前になりますが、トラウマ療法ソマティック・エクスペリエンス(SE)を編み出したピーター博士からトレーニングを受けていたとき、彼が口癖のようにこう言っていました。

"Noboday can do it for yourself, but you cannot do it alone."
(誰もキミの代わりにはやってくれない。でもキミ一人でやることもできないよ)

私は、これこそが、癒しの本質だと思います。

世の中の真実は、大抵の場合パラドックスに満ちていますが、
癒しもまさに、そのひとつです。

私の友人のセラピスト、小山シーナは、「癒しの基本はセルフヒーリングです」と言っていて、
その名もすばり、「セルフヒーリング」という名前の素敵なオーディオブックを出しています。

彼女の言葉は、本当に正しい。私も、癒しとは基本的に「自分で行うもの」だと思います。
でも、ピーター博士の言うように、「一人ではできない」のも事実。パラドックスですね。

これからそのことについて、少し丁寧に書いてみたいと思います。

まず、「癒しは基本的には自分でやるもの(他の人があなたの代わりにはやってくれない)」について。
これは、何故だかわかるでしょうか?

それは、あなたのことを、あなた以上に知っている人はこの世に一人もいないからです。
あなた自身が、あなたの最大のオーソリティであること。そして、あなた自身が主体的に癒しに取り組むこと。
これが、自分を癒すためには何よりも必要なことなのです。

癒しショッピングをしている人たちからは、「あのセラピストからは、私の問題はこうだと言われました」「過去にこういうことがあったからだと言われました」「私のエネルギーは・・・・なんだって」「私の内臓はこんな風になってるんだって」「過去生でこんなことがあったんだって」・・・・等々という言葉を聞くことがありますが、
(何を隠そう、私自身も、癒し初心者の頃には似たようなことを言ってました・・・・苦笑)
ちょ、ちょっと待ってください。

それって、本当でしょうか???
それは、その施術者からはそう見えているというだけの情報に過ぎませんよね。
ある専門家が言っていることと、自分で自分の感じ方が違う場合、
正しいのは、自分の感じ方なのです。
それをまず、覚えておいてください。

私の米国時代の友人に、おもしろいテーマで博士論文を書いた人がいました。
彼女は、自分のご主人が、昨日まで元気に暮らしていたのに、
ある日不調を感じて病院に行ってみたら、ステージ4の肺がんであることが分かり、
それを知った途端に車いす生活になり、医者の余命宣告通りに数か月後に亡くなってしまったという経験から、
医者から余命宣告を受けても、それをはるかに超えて長生きしている人たちにインタビューをして、それを論文にまとめたのです。

その話を聞いたとき、私は興味深々で彼女に聞きました。
「それで、それで?その人たちは何が良かったの?」
「いろいろあるけど、まずは、医者の言うことを信じなかったことだよね

…ブラボー!

自分のことは、自分で決める。
自分の感覚の正しさを信じる。
これこそまさに、癒しの本質です。

それに、真の癒しは、たとえばマッサージやボディワークを受けに行って、
ただそこに寝転がっているうちに、施術者が全部やってくれてそれで完成・・・というものではありません。
そこには、自分の主体的、意識的な気づきとかかわりが必ず必要になります。
その姿勢がないと、つらくなるたびに、癒しを「やってもらう」ために、専門家のところへ通い続ける・・・ということになります。
誰かにずっと依存し続ける状態は、真の癒しとは言えないでしょう。
同じ意味で、ただ精神科に通って薬を飲み続けていても、真の癒しは起こりません。
それはつまり、薬=外部の力に頼っているというだけだからです。

・・・・はい、ここまでが「癒しは基本的に自分でやるもの(誰もあなたの代わりにはやってくれない)」というお話です。

ここからは、パラドックスに入ります。

「一人で行うことはできない」、つまり、誰か(何か)に助けてもらうことも必要ということです。

・・・長くなりましたので、今回はこの辺で。
続きはもうしばらくお待ちくださいね。




[PR]
by premamft | 2016-05-25 18:00 | 癒し

札幌のトラウマセラピスト、藤原ちえこのブログです。癒しにまつわる話、日々の出来事、宇宙のしくみ、特別養子縁組で迎えた我が子のこと等々、雑多に気まぐれに書き綴っています。(当ブログはリンクフリーです。皆様のお役に立てればとてもうれしいです☆) ☆2017年10月、ブログタイトルを変更しました。 プレマカウンセリングルーム


by premamft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31